お悩み解決Q&A

「アホ毛」ってなんで出来るの??

だんだん暖かくなってきて春が近づいてきましたね!

世の中は新型コロナウイルスで大変なことになってますが…

そんなときでもちゃんと皆様のお悩みに答えていきたいと思います!
 

今回のお悩みがこちら。
 

Q 「アホ毛」ってなんでできるの??

 
確かに鏡で自分の髪の毛を見ると大体の人がピンピン出ている毛があると思います。

それではアンサー!
 

A 理由は主に3つあります!

 
すみません。まだ全然答えになっていませんが、ちゃんと説明いたします。
 

そもそも「アホ毛」ってなーに?という方もいらっしゃると思うので、そこから説明します。
 

「アホ毛」というのは、髪の表面に立ってしまっている短い毛や、うねりが出ている短い毛のこと。

こうした髪はまとまりにくいため、パサついてボサっとした感じに見えやすくなります。

見た目の美しさも半減し、セットもしづらくなってしまいます。

しかし「アホ毛」ってちょっとネーミングが悪いですよね。
 

理由の前にまずは「アホ毛」の種類ですが、

  1. 生えかけの髪の毛
  2. 傷んでで切れてしまった髪の毛
  3. うねって生えてしまった髪の毛

主にこの3つになります。
 
生えかけの髪の毛に関して言えば仕方ないと思います。

産後の女性なんかは特に抜け毛が多くこのような毛が多くなってしまいます。

これに関しては、我慢して伸ばす!

それが1番だと思います。
 

最初に理由が3つあると言いましたが、

「傷んでで切れてしまった髪の毛」、「うねって生えてしまった髪の毛」。

これらを発生させる原因が3つあるということになります。
 

それでは理由その1。
 

・髪のダメージ

読んで字のごとく、髪が傷んで切れてしまうということです。

カラーリング、パーマ、紫外線など髪のダメージの原因になるものはたくさんあります。

白髪染めをされている方や、髪のボリュームを出すためにパーマをかけている方など、

ある程度は必要になってくるので仕方ないと思います。

そのために美容室では多数のトリートメントメニューがあります。

極端な言い方をすれば傷んでしまった髪の毛を治すには、「切る」「トリートメントをする」

の2択しかないと僕は思っています。

なのでなるべく傷ませないことはもちろんですが、髪の毛を伸ばしていてなるべく切りたくない方などは、

こまめに美容室でトリートメントをすることをオススメします!
 

理由その2。
 

・髪の毛や頭皮の乾燥

これもなんとなく想像がつくかもしれませんが、乾燥することによって静電気が起きやすくなってしまいます。

静電気が起きることによって短い毛が立ってしまう。それが「アホ毛」ということです。

また、ナイロンや樹脂素材のブラシなどは摩擦によって静電気生じやすいため、

そういった製品を使うことによっても短い毛が立ちやすくなります。
 

理由その3。
 

・頭皮の老化、毛穴の皮脂詰まり

これは先ほどの「うねって生えてしまった髪の毛」に関することなのですが、

人間は加齢ともに頭皮の弾力が失われていきます。

頭皮の弾力が失われると、円形だった毛根が楕円形になり、そこから生える髪の毛にうねりが生じるようになります。

また皮脂が詰まって毛根を押しつぶすことによって、うねった毛が生えてくるようになったりします。

なのでなるべく皮脂がが詰まらないようにして、頭皮をいい状態にしておくことが望ましいです。
 

それについてはオススメの記事がありますので是非ごらんください!

 
以上の3つが「アホ毛」の主な原因になります。

それではまた次回!

関連記事

  1. 画像
  2. 画像
  3. 画像
PAGE TOP