お悩み解決Q&A

画像

ブリーチ剤と脱染剤の違い

 
前回、髪の毛をかなり暗くした場合ブリーチ剤か脱染剤が必要になる。

というお話をさせていただきました。

じゃあこの2つは何が違うの?ということになります。

黒くした部分の色を落とす!ということに関しては同じなんですが、

大きく違うところ言えば、
 

ブリーチ剤は髪全体を明るくする。
脱染剤は黒く染めた部分のみを明るくする。

 
ただ細かく言うとやはり双方にメリットデメリットが存在します!

 
まずブリーチ剤ですが、

黒染めの色素を分解しながら地毛のメラニン色素も壊していくためかなり明るくできます。

ただ黒く染めた部分自体にムラがあるとプロの美容師でも1度のブリーチではムラが出てしまいます。

そのため何度かブリーチをして均一に明るくするのがベストです!

その後にもう1度色味を重ねることによって透明感のある透き通ったヘアカラーにすることも可能です。

ただやっぱり繰り返していくと結構痛みます。

これが1番のデメリットでしょうか。
 

どういう方に向いているかと言うと、

しばらく髪の毛を明るくしてる予定の人や透明感のあるヘアカラーにしたい

という方には特に向いていると思います!

 
続いて脱染剤ですが、

こちらはどちらかというと元々の髪色を壊さずに黒染めの成分のみ抜き取る感じです。

完全に黒い染料を落とすことは出来ませんが、ブリーチ剤よりダメージを抑える事ができます。

黒染めの成分のみを分解するので、他の部分の色は基本変わりません。

ただブリーチ剤よりも赤みが出やすかったりと、鮮やかな色味に変更するにはちょっと不向きです。
 

脱染剤が向いている人は、

ほんの少し明るくしたい人白髪染めをしていて、少し明るくしたり色味を変えたりしたい人などには向いてると思います。

 
ブリーチ剤も脱染剤も髪に負担がかかります。時間、金額も普通に染めるよりはかかってしまいます。

白髪染めをしている方、黒染めをしている方は美容師さんとよく相談してから決めてくださいね。

 
次回のテーマはまだ決めてません!!

また近々更新します!楽しみにしててください!!

関連記事

  1. アイキャッチ画像
  2. 画像
  3. ブログ画像
  4. ブログ画像
  5. 画像
PAGE TOP